読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアシェムリアップのけんちゃんの日々。

カンボジアでの日々、料理、マッサージ店の情報などありのままを綴っていきます。

カンボジアで怪我や病気の時どうする??観光客の利用が多い病院での診察や処置までの流れの例。

カンボジアよりこんばんは。

 

前回のブログはこちら!!!

www.kenchansweets.com

 

さて今回は旅行中に不安なことってきっとたくさんあるかと思います。

その一つが旅行中の怪我や病気など。

その時ってどうやって対応したらいいの??

 

日本とは違った環境で言葉が通じないのではないか。

どんな風に手続きを踏むのか?

いくらぐらいの治療費がかかるのか?

 本当に大丈夫なの??安全に治療は受けられるのか!!?

などわからないことだらけできっと不安かと思います。

 

海外旅行保険などを利用していれば旅行中の怪我や病気での保証もされます。

わからないことはスタッフに聞きながらですが、大まかなこれまでのケースを例に説明をしたいと思います。

 

Aさんはある日、突然腹痛を訴えました。

f:id:saiju:20160221030649j:plain

 

ちょっと我慢はしていたもののなかなか落ち着かず、周りの人からちょっと病院で診てもらった方がいいのではないか?

薬を処方してもらえば?

 

という話になりました。Aさんはクレジットカード付帯の海外旅行保険の有効期限内であったために、クレジットカードの裏に書いてあるコールセンターに電話をしました。

 

そうすると日本人のオペレーターさんが出てくれます。

 

そこで「どうなされましたか?」などの質問をされます。

そこで病気や怪我の詳細を説明します。

 

状況によっては一度、電話を切ってもらいコールセンター側から折り返し電話をいただけます。そこで必要な書類等々の説明がありますがおおよそ本人確認とパスポートのコピー等で携帯のカメラで撮影したものなどを送るようにと指示があります。

 

そのあと、指定した病院に行きたいことを伝え、保険会社と病院間でのやりとりをしていただけ、その後指定の病院に行くと、クレジットカードをみせて簡単な問診表に経過等を記入しサインを書いて病院のスタッフに渡せば対応してくれます。

上記の手続きを改めてしておけばキャッシュレスの対応ができ、病院にお金は支払わずに済みます。

 

この作業をせずの場合には一度支払いとうい形になりますが、後ほど書類を整えれば返金もしていただけます。その詳細は各保険会社への連絡を行い手続きを!!!

 

この時の初診料が約150ドル

薬の処方等々が確か50ドル未満だったかと。

f:id:saiju:20160221031613j:plain

私が皮膚から細菌感染した時にはプチ手術を行い、約2週間の通院処置で初診料を含めてトータルで約500〜600ドル前後でした。

私の利用した病院はこちらの病院です。Krormaさんが概要をまとめてくれています。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎ 

krorma.com

 

さて病院での診察のところから再度、説明はしますが、待合室のロビーで待っていると順番が来るとスタッフに呼ばれたらいざ診察へと向かいます。

 

ちなみに余談ですが、こちらの病院は待合室にコーヒーや紅茶、ちょっとしたお菓子なども置いてあったりします。

 

さて話は戻りまして。

診察室で症状などの確認や必要な検査などを言われます。それらが全て済むと薬を処方され終了するか、入院という流れになります。

 

怪我や病気の内容の診断によって通院となったり、状況によっては帰国後に病院での再度治療を受けたりなどということになります。服薬のみで終了することもあります。

 

腹痛の原因の多くはカンボジアではアメーバー赤痢が多いです。。。

 

入院となった際の話はまたどこかで書こうと思います。

 

カンボジアに来て何か体のことで困ったら??

持病持ちの方なども症状に応じて対応させていただきます。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

www.kenchansweets.com

 

 

カンボジアに関する動画を確認したい方はこちらから

www.youtube.com 

カンボジアの情報ブログはこちら

www.cambodia-news123.com