読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアシェムリアップのけんちゃんの日々。

カンボジアでの日々、料理、マッサージ店の情報などありのままを綴っていきます。

カンボジアでけがや病気どうしたらいいの?病院での入院対応の様子。シェムリアップにあるロイヤルアンコールインターナショナルホスピタル。

カンボジアよりこんにちは

カンボジアへの旅行中の体調不良や怪我などの際にどうしたらいいのか?

f:id:saiju:20160315100938j:plain

医療費ってどのくらいかかるの??

入院したらどんな感じなの?? 

 

 

日本の医療機関に関しても心配な面はあるかと思いますが海外での医療期間のことになるとさらに不安になるかと思います。

f:id:saiju:20160315102257j:plain

そういった不安を多少なりとも解消できるような内容で今回はお伝えしていきたい思います。

 

www.kenchansweets.com

 

 

入院になった際の状況について今回はお伝えします。

 

入院時にかかる費用の内訳表をもらったのでその内容を添付しますと

1日入院にかかる費用の目安はこちら!!!

 

部屋代 105ドル

診察費 80ドル

看護費 45ドル

サービス 30ドル

食費 30ドル

 

入院日数 × 290ドル +α が医療費となります。

 

プラスαは薬代やその他のオプションなどが含まれるのかと思われます。

受けるサービス内容は検査の内容によってことなるために変動も多いと思います。 

だいたい平均的には3〜5日くらいの入院が多いかと思います。

早くて1泊から2泊の入院となります。 

 

入院対応となるとトータル1200〜2000ドルくらいが必要になるかと思います。

保険の利用が本当に大切になるなと感じます。

備えあれば憂いなし。

観光で見える際にも万が一に備えて海外旅行保険には加入を強く推奨します。

 

f:id:saiju:20160315102344j:plain

 

カンボジアで起こしやすい病気は

腹痛を引き起こすもの(細菌感染症などが多い)

下痢や嘔吐など

発熱/脱水などの症状

虫さされなどからの感染症

交通事故

骨折

などが考えられます。

 

細菌感染症が多いように感じます。

慣れない環境での生活や食事などの衛生関係の問題なども多いと感じます。

骨折者や擦過傷などの怪我も多いように感じます。

 

どの病気や怪我も予防に越したことはないですが、発症したら早めの医療機関への受診をお勧めします。診断がわからないまま放置していて取り返しのつかないことにならないように注意したいものですね。

 

 

次は入院時の病室の様子についてお伝えします。

日本の医療機関並みもしくはそれ以上に綺麗な空間の個室です。

日本でいう特別室のような環境の個室スペースであり充実の入院ライフを過ごせるように感じます。

f:id:saiju:20160315102448j:plain

 

洗面台、給湯設備、電気ケーブル、冷蔵庫などが設置されています。

床はタイル張りでスタッフが毎日掃除に来てくれます。

 

入院時に必要なものは一通り揃っており、面会などにも気軽に来ることができます。

24時間稼働しているので安心して利用が可能です。

24時間対応していただけることは本当に助かりますね。

 

f:id:saiju:20160315102546j:plain

シャワールームもあります。

手すりは縦型の手すりで腰掛けて体を洗うこともできるためにとも

体への負担も少なく、足腰の弱い方でも利用は容易かと思います。

 

トイレの便座の高さに関してはやや低めなので、膝などの悪い方はちょっと利用は困難な面もあるのかなという個人的な感想はあります。

 

 

洗面台にあるアメニティーに関しては充実しています。

f:id:saiju:20160315102650j:plain

清潔感もありとても良い環境です。

 

次は入院食に関してですが、食事はセレクトできます。

チェックシートにてメニューを選択して食べることができます。

このようなシートに記入をすればその通りのメニューが出てきます。

f:id:saiju:20160315103419j:plain

 

f:id:saiju:20160315103502j:plain

 

こちらのメニューはクロワッサン、オムレツ、ハム、バナナです。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

f:id:saiju:20160315103550j:plain

 

和食のメニューの選択などもできます。

なかなかカンボジアでこんなものが食べられるなんて!!!

みたいなメニューも含まれております。

 

 

比較的、充実した入院生活は送ることができます。

点滴の交換などは常時、看護師がチェックに来てくれます。

だいたい夜の間に2〜3回ほど病室にはチェックに来てくれます。

医師の診察に関しては1日1回〜2回の回診がありチェックに来てくれます。

言語に関しては英語での会話がメインとはなりますが優しく対応してくださいます。

日本語を希望の際などには入院時にその旨を記入するスペースもありますので安心して生活はできるかと思います。

 

退院時には薬剤師の方からの薬の飲み方の説明や薬の内容の説明もしていただけます。また退院時の費用の話などもその際に詳細の請求書なども持ってきていただけ、サインをして退院手続きは完了となります。

 

健康であることが一番ではありますが、万が一の際の入院や医療処置の対応に関しては安心・安全な医療期間の利用をお勧めします。

 

病院内の廊下には「糖尿病」に関する張り紙もしてありました。

一人でも多くの人の健康が守られますように!!!!!

 

「リハビリ」という言葉やそのような行為もこのカンボジアでどんどん浸透していけばな!!!!と思います。

 

www.kenchansweets.com

www.siemreap-guesthouse.jpn.com

 

カンボジアに関する動画を確認したい方はこちらから

www.youtube.com 

カンボジアの情報ブログはこちら

www.cambodia-news123.com

 

ameblo.jp